読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パル@COJ

COJについての心境メイン、たまには日常などを綴っていこうと思います。

イベント環境考察

 

こんばんわ。

すみません、更新サボってて10日ぶりの更新となります。

 

 

今日から始まりましたね。

アルカナ予選抽選権も兼ねたイベントが。

レギュレーションは皆様も知っての通り、

A以上、4pカード使用禁止というシビアなものになってます。

 

これによって、構築範囲は

通常の全国対戦よりもかなり狭くなり、

それ故にカテゴリも絞られます。

 

そんな中で、自分が使用したデッキはこちらです。↓↓

 

f:id:PAL0430:20150819234006p:plain

 

ただの戦士です

 

メタ要素として、

毘沙門、インドラ、バーンカウンターも搭載。

 

今回のイベントが開始される前から

色んな方の構築の際の見解を

ちらほら拝見していました。

 

自分の場合、今回のイベントにて

まずどこから見たかというと、

珍獣がいるかいないか。

 

結果は、保々0に等しいと思いました。

 

キーの珍獣ユニット、サーチトリガー共々

常に0p上位を維持しているカードで組みあがったものなので

半分近くは0pに。つまり、40pにするためには、

2pのカードを最低20枚は積まないとなりません。

 

そんな珍獣が強いと思いますか?

自分はそう思いません。

 

現に試しに組んでみましたが、

明らかに無理してポイントを合わせ、

勝ち筋が見えないようなデッキになりました。

 

以上の点から、今回は

珍獣系統は完全に度外視していました。

 

他にも、赤黄、侍といった定番カテゴリも

Aで組めないこともありませんが、

明らかなパワーダウンは避けられないので

そこまで重点には置きませんでした。

 

 

 

なら、どこを見たか?

 

今回のルールから、戦士と同じく

昆虫、忍者、四聖獣といった

普段の使用率の高くないテーマカテゴリが

今イベントの条件を比較的満たしやすいことから

そこそこ飛び交うのではないかと見て

これらに対抗する手段を考えていたのが1つ。

 

もう一つは、どんなデッキからでも

いつ飛び出てもおかしくない

シヴァを常に視野に入れていました。

 

2コスにしては破格の能力で

コイツの存在から、並べる系統のデッキが

現在の環境に合わなくなってしまうほどに。

 

 

他にも色々ありますが、

自分が特に警戒してたのはこれらの点です。

 

 

それらの点を踏まえたうえで

如何に立ち回れるか?対抗するか?

と、考え抜いた結果、上記のデッキが完成しました。

 

結果は、本日に★250以上獲得し、

勝率は66%を超えました。

 

 

イベントの環境は、半分以上は自分の睨んだ通りで

昆虫、忍者、戦士、ハンデス舞姫、緑単、

他にも、色んな並べる系統のものが

飛び交っていました。

 

ちょっと予想外だったんですが、

中には黄単も混じってったこと。

 

ケアとして業はいれてたけど、

パールヴァティーからのライブオン

ぶっちゃけ避けようがないので

タイミングを見計らって業を伏せてました。

 

けど、黄単はあまり視野に入れてなかったせいで

業1枚では明らかに足りない試合が多く、

何回か当たっても大体は負けました。

 

当然ながら、珍獣、赤黄、侍は

自分は1度も対面しませんでしたが、

 

 

やはりというべきか、

ほとんどのデッキにシヴァのタッチ採用がされていました。

 

と、こんな具合です。

 

 

今回のイベントに限らず、

「黄単嫌だ」、「シヴァのせいで~」とか

結構見かけますが、

 

以前自分がどこかで拝見したブログ内容を

やや引用する形になりますが、

ちゃんと対策を立てていますか?

 

確かに今は黄単系統が流行っていて、

他だと珍獣も相変わらず飛び交っていますが、

果たしてそれを止めるのは不可能なんでしょうか?

 

自分はRe:BIRTH中期から始めたので

昔の悪環境は体験はしていませんが

その当時のブログを見ると

それはもうほぼ一強デッキの環境で

色々とひどかったらしいです。

 

追い風ベリアル→投合ライステ突撃KP

→ニケブレイブ→光明世界メフィストetc...

 

そういったところを見ると、

今はカードプールも広がったおかげで

あるデッキが一強といったことは無いと思います。

 

今でいうと黄単が流行りですが、

ジャンプー、ガブリなら固着、加護持ち。

ゴールドクラウンなら無我の境地、土下座等。

ライブオンならトリロス、ウイルス付与、撤退調整、ランプ、

毘沙門なら業、PIG連鎖、ネクロポリスetc...

 

こういった構築、プレイングの対策1つで

戦況を変えることだってできます。

現に自分は過去にこれらのケアを怠ったせいで

負けた試合を腐るほど経験してきました。

 

 

流行りのデッキが嫌だ嫌だという気持ちも分かりますが、

そんなことをいくら呟いたところで

環境なんてホイホイと変わりません。

結局は皆勝てるデッキを握るのだから。

 

だったらどうするか?

自分が対策する。もうこれしかないと思ってます。

 

黄単に関しては上記のように。

シヴァに関しては、ダメージ量は

やや相手依存寄りな傾向があるので、

そこを逆手にとって貧弱ユニットを

撤退して数を調整し、1発で更地確定コースでなければ

バーンカウンターなどで対抗するなど。

 

上位ランクになるにつれ、

このようなケアは欠かせなくなります。

 

 

で、どのような方針で対策をたてればいいのか?

あくまでこれは黄単やシヴァに向けたメタ法であって

全てのデッキに対策できるわけではありません。

というか、全てのデッキに完全に対抗できるものなど、

ハッキリ言って無理です。

 

ならばどうすればいいか?

使用率の高いカテゴリのデッキに

対抗できるようにすればいいのです。

 

このCOJは常にオンラインの誰かと対戦し、

トップランカーの対戦はターミナルでいつでも見れるため、

そこの頂上であがってるデッキはすぐに流行ります。

 

であれば、赤黄、侍といったカテゴリに

流行りのデッキに対抗できるカードを

2~5枚ほどタッチ投入しておくだけでも、

かなり有利に進められるはず。

 

TCGというのは、対戦以前の環境予測から

勝負が始まっている、いわばメタゲーなので。

 

そういった点で言うなれば

対面のデッキに対策出来る要素のないデッキは

その時点で負けです。

 

同じデッキでどのデッキにも

必ず勝てる人などいないと思いますし…。

 

話が長くなってしまいましたが、

まとめてざっくりいうならば

《環境否定する前に対策を考えろ》

ということです。

 

 

 

以上になります。

長文失礼いたしましたm(__)m

 

 

 

あと、今月23日に立川にてオフ会開催予定です。

一応、締め切りは過ぎていますが、

どうしても参加したいという方がいましたら、

こちらにてご連絡ください。

 

twipla.jp